内向型は他人に興味がない?それでも成功できる理由

とある内向型人間:
よく人から「他人にあんまり興味がないよね?」と言われるんだけど・・・確かに大人数の人付き合いは苦手だし、人の名前を覚えるのが苦手だったりする。こんな自分はどこかおかしいのかな?

こんな疑問について、掘り下げていきます。

本記事の内容:
・他人に興味がないわけではないが、興味の対象範囲は限定的。
・「他人に興味がない」気質をムリヤリ矯正する必要はない
・内向型人間は聞き上手だし、実は共感も上手。

内向型人間は、他人に興味がないわけではない

「他人に興味がないよね?」と言われる内向型人間は多いかもしれません。

実際には、内向型人間だって他人に興味がないわけではありません。
ただ、興味を向ける範囲が限定的なのだと思います。

もう少し掘り下げていきますね。

内向型人間は外界からの刺激に弱いので、人付き合いを最小限にしようとする

内向型人間の人付き合いの特徴として、「狭くても深く」というのがあります。

自らの経験を制限しようとするが、その経験一つ一つを深く感じます。

内向型人間の多くは友達が少ないが、より親密な付き合い方をします。

また、一つのトピックを深く追求することを好み、「量」より「質」を求めます。

こうやって少ないことに絞ぼらないといけない理由は、そうしないと内向型人間は圧倒され、エネルギーを消耗してしまうからなのです。

内向型人間は、外界から多くの情報を吸収し、一旦頭の中で考え、それから膨らませる。
そして時間をかけて咀嚼したり、整理したりします。

私自身、話を聞いて考える時に、このようなプロセスを毎回踏むため、「自分は周りと比べてあまり頭の回転が早くないな・・・」と落ち込んだ時もありました。

ですが、内向型の特徴を学んでからは、特に気にする必要はないと吹っ切ることができました。
ただのタイプの違いなんですよね。

そして、これは人間関係でも同じことが言えます。

内向型人間にとっては、
「広く対象に興味を持つ=エネルギーを消費する対象が増える」
なので、自分のエネルギー消費を抑えるため、できるだけ興味の対象を絞ろうとする。

これが、傍から見ると、「他人に興味がない」ように見えるのだと思います。

「他人に興味がない」特徴は直したほうがいいの?

これは、結論から言いますと、
「別に無理に直す必要はない」と思います。

理由を少し掘り下げていきますね。

「他人に興味がない」を直すということは、他人に興味を持つということですね。

では直すために、「明日から周囲の人に興味を持って接しましょう」と急に言われても、難しいですよね。

ムリヤリ周りの人に興味を持とうとアンテナを張っても、内向型人間にとっては疲れるだけです。

上でも説明しましたが、内向型人間はそもそも他人に興味がないというわけではないのですね。

興味の対象にできる範囲が狭いだけで、一度仲良くなった人とは長く関係を続けようとします。

それでも興味の対象を広げるのであれば、一番大切なのは、「無理なく自然に」です。

私は以前、友人の勧めで交友関係を広げようと努力をしたことがありました。

主に、友人に連れられて毎週飲み会に出かけてみたり、ですね。

結果は、しばらく暗い部屋に閉じこもって、充電する必要がありました。笑

色々な人と接する機会を持てたのは、貴重な経験だったのですが、多くの人と会うことは、私のペースには合わず、結果的にパンクしてしまいました。

自分には一人で考える時間、読書する時間は必要なんだなと改め思いました。

上の私の例は失敗ですね。笑

実際にはこのように、いきなり興味の対象を広げる努力は特に必要ないかなと思います。

例えば、趣味や好みなどで相手との共通点を見つけていけば、自然と周囲への興味の対象は広がっていくと思います。

内向型人間は、話すのが苦手な方が多いかもしれませんが、好きなことや興味のあるトピックに関しては、人が変わったように話が止まりません。

なので、改めて結論ですが、「他人に興味がない」特徴はムリヤリ直す必要はないと思います。

他人に興味がないどころか、聞き上手

他人に興味がない内向型人間は、人の話を聞かないのかと言うと、そうでもありません。

むしろ聞き上手な内向型人間は多いと思います。

内向型人間のほとんどが、自分から他人に話しかけることはありません。特に雑談は苦手です。

意味のない会話をしているのは苦痛ですし、世間話や全く興味のないどうでもいい話を聞くのは時間のムダだと考えたりします。笑

しかし、相手が悩んでいる相談事や心に秘める信念などは、真剣に耳を傾けます。

つまり、相手の内側、内向的な部分の話を聞くのは好きなんですね。

話し手からすると、良い聞き手がいるのは嬉しいことです。
世の多くの人は、自分の話を聞いてほしい人で溢れています。話を聞いてもらえるのはストレス発散にも繋がりますしね。

また、多くの内向的人間は高い共感性を持っています。

例えば、友人の相談を聞いてて、「こう思っているのかな?」と何となく予想できることないでしょうか?

それは、あなたが親身になって相手の立場になって考え、共感する力があるからなんですね。

まとめ

記事のまとめになります。

  • 内向型人間は、他人に興味がないわけではないが、その対象範囲は限定的。
  • 「他人に興味がない」と言われるからって、別に矯正する必要はない。
  • 他人に興味を持てるし、聞き上手でもあるから、その存在は大切。

たとえ今は他人に興味がなくても、大切な人が出来たら、その人を中心に興味の対象は増えていくはずです。

なので、今は自分のペースで、自分の範囲内で興味の対象に注目していけばいいと思います。

内向型人間は自分のペースを守ることが大切です。

周りのことは気にせず内にこもってこそ、内向型の真価が発揮されます。

成功者も、周りの言うことに振り回されないことの大切さを説いていますね。φ(..)メモメモ

あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。ドグマ(教義、常識、既存の理論)にとらわれるな。それは他人の考えた結果で生きていることなのだから。他人の意見が雑音のようにあなたの内面の声をかき消したりすることのないようにしなさい。そして最も重要なのは、自分の心と直感を信じる勇気を持ちなさい。それはどういうわけかあなたが本当になりたいものをすでによく知っているのだから。それ以外のことは、全部二の次の意味しかない。

スティーブ・ジョブズ(アップル社の共同設立者)