才能がないと嘆くのは間違い【今すぐ才能が見つかる方法】

たぬき

他人と比べて、自分には才能がないと落ち込んでしまう…
自分にも何か才能があるんだろうか?どうすれば才能を見つけることができるんだろう?


今回はこんな疑問を解決する方法についてまとめました。

本記事の内容は以下のとおりです。

本記事の内容
  • 才能がないと嘆くのは間違い
  • 才能を見つける方法
  • 才能の活かし方

今回は以下の本をもとに、才能を見つける方法をまとめました。

本書の著者は本田真美(ほんだまなみ)先生です。

本田先生は小児発達医として、子どもの身体・知能・精神の発達を客観的に評価し、対応するサポートを日々行っています。

能力のバランスが悪く、長所が表に出にくい発達障害児の「才能の原石」を見つけるために開発したツールを大人向けに作り直したのが、今回紹介する才能を見つける方法です。

才能がないと嘆くのは間違い

才能がないと嘆くのは間違い

才能とはそもそもなんでしょう?辞書によると、以下の定義になっています。

物事を巧みに行う、生まれつきの能力。才知の動き。

Wikitionary
「生まれつきの能力」なんて言われると、自分にそんなものあるのか…?と不安に思うかもしれませんが、結論からいうと、才能は誰にでもあります。

なぜなら、もしあなたが、仕事や人間関係で思うようにうまくいっていないのであれば、それは能力のなさが原因ではなく、たんに出すべき能力を間違えているだけだからです。

弱みのほうが目に付きやすいから、弱みにばかり焦点を当ててしまいます。

本田先生も以下のように言っています。

発達障害児はさまざまな問題を抱えていますが、それはある一部の弱い部分を見て診断をしているにすぎません。発達障害を診断された子どもも、生まれ持っての強みがたくさんあります。その強みを社会の中でどう活かしていくのかが大切なのです。

誰にでも才能はある。問題はその「原石」をどう見つけて磨くかだ

なので、弱みに焦点を当てる代わりに、強みに焦点を当てようと意識することで才能は見つかります。

才能を見つける方法【簡単:20の質問に答えるだけ】

あなたの隠れた才能を見つけるために、まず第一に、本書で紹介されている「本田式・能力バランステスト」を受けます。

全部で20コの質問に「はい・いいえ・どちらでもない」で答えて点数化するだけです。直感的に答えることが大事で、5~10分ほどで完了できます。

結果が出たら、以下のように、点数化したものをレーダーチャートにすると見やすいですよ。

参照:誰にでも才能はある。問題はその「原石」をどう見つけて磨くかだ

この本では、ビジネスパーソンに必要な3つの能力として以下の3つのカテゴリーが紹介されています。

3つの能力カテゴリー
  • 知的能力:勉強ができるかどうか。一番見えやすく、一番複雑な能力。
  • 気質力:社会的成功へのカギとなる。社会生活を送る上で欠かせない。
  • 身体能力:すべての能力の基礎。感覚力と運動能力からなる。

この3つのカテゴリーには全部で20の能力が含まれています。

20コの能力とは、
  • 知的能力
    • 視覚的ワーキングメモリ
    • 聴覚的ワーキングメモリ
    • 言語操作力
    • 数操作力
    • 空間認知力
    • 処理能力
  • 気質力
    • 適応力
    • こだわり力
    • 創造力
    • 想像力
    • 社会技能力
    • 自己コントロール力
    • 時間力
    • 継続力
    • 遂行機能力
    • 注意力
  • 身体能力
    • ボディイメージ
    • 視覚認知力
    • 聴覚認知力
    • 運動能力
上記の能力は独立して力を発揮するというよりは、互いの能力が関わり合うことで、多様な力を発揮します。

今回ご紹介する能力リストには「判断力」「戦略力」「分析力」など、社会人にとって必要な能力が含まれていませんが、これらの能力は3つカテゴリーの能力が組み合わさって発揮するものなのです。

例えば、「判断力=創造力x遂行機能力x自己コントロール力」のような感じです。

このように、能力とは相互作用し、かけ合わさって力を発揮する、と本田先生は本書で説明しています。

見つけた才能の活かし方

見つけた才能の活かし方

本田式・能力バランステストの結果と活かし方【私の例】

私の結果を例にして、具体的にどのように才能を活かせばよいのかを見てみましょう。

①まずはTOP5の能力を明確化

エクセルで作ったTOP5の能力表とチャート

見やすくするためにエクセルで上位5つを緑、下位5つを赤でハイライトしました。

私のTOP5の能力は以下のとおりです。

私の能力TOP5
  1. 継続力:効率よく物事を続ける能力。
  2. 遂行機能力:最初から最後までの全体的な流れを組み立てる能力。
  3. こだわり力:マイルールに従う力。
  4. 時間力:時間内に分析・行動を判断する能力。
  5. 数操作力:数字で考えることができる能力。

私は見やすいようにエクセルでまとめましたが、本書には計算表やレーダーチャートも記載されているので、プリントアウトして使うことができます。

tanuki

私はこのTOP5を見たとき、今までは意識してこれらが強みだとは思ってなかったけど、確かに普段から何気なくやっていることが多い気がしました。


今分かった能力は、いわばパーツのような感じです。次は、この能力を組み合わせて、才能を武器化します。

②能力の組み合わせで才能を武器化

一つ一つは地味な能力に思うかもですが、前述したように、能力は組み合わせることにより、力を発揮します。

実際どのように能力を組み合わせて考えればよいか分からないかもなので、この本では能力の組み合わせの例が紹介されています。

ちなみに、私のTOP5の能力だと、以下のような組み合わせです。

こだわり力x継続力=強い信念がある
自分自身の行動にゆるぎない価値観と信念を持ち、確実に進むことができる

こだわり力x遂行機能力=完璧と評される
物事の優先順位を決めながらも、秩序正しくすべての計画を実行する

時間力x継続力=不屈な人と評される
時間を見つけることがうまく、すべきことを着実にこなすことができる

継続力x遂行機能力=着実性がある
時間のかかる課題に対しても、目的に向かって迷うことなく効率よく進める

遂行機能力x時間力=手際がよい
やるべきことの全貌を、時間軸の中で的確にとらえ、要領よく実行できる

誰にでも才能はある。問題はその「原石」をどう見つけて磨くかだ

これだけだと「ふーん」としか思わないかもですが、より実用的にするために以下のように考えることもできます。

例えば、

「聴覚認知力」が高い事務職の人の場合、

  • 処理能力も高いと→会議の議事録を率先して作れる。
  • 注意力も高いと→ミスをしない人という評価を得られる。
  • 数操作力も高いと→数字を多様した書類が作れる。

という感じで、自分というキャラクターが持つ能力をどうかけ合わせるかで、発揮できる能力が多様になります。

重要なことは結果が出るかどうかではない【才能よりも大切】

重要なことは結果が出るかどうかではない【才能よりも大切】

仕事や勉強ですぐに結果が出ないと、

困るたぬき

あぁ…全然結果出せないし、もうやめようかな…


と考えることあるがあるかもしれません。

tanuki

誰だって時間をムダにはしたくないので、私もこの考えが理解できます。
人生は有限なので、時には諦めることも大事だと思うのは当然です。


才能があれば、全てにおいて結果を出せると考えたことはありませんか?

もちろん結果が出ることも重要ですが、それよりも失敗したり、壁にぶつかっても淡々と挑戦し続けられることが大切だったりします。

例えば、ゲームに1回負けたからといって、それでそのゲームはもうやらないという人は少ないはずです。大抵の人は負けても、引き続きゲームを続けて、次は負けないように工夫してゲームを楽しみます。

同じように、現実でもトライ・アンド・エラーが必要な場面が多くありませんか?

例えば、今回の結果で「数操作力」の数値が高かったとして、数字に関わる仕事をしようと簿記の試験に挑戦したとすします。
 
一度試験に落ちて、簿記は自分には合わないと諦めることもできますが、もしかしたら次の試験で合格できるかもしれませんよね?
見切りをつけるのは、自分が設定した期限内に目標が達成できなかった場合でも遅くはないです。

困るたぬき

でも、本当は自分に合っていないことに挑戦し続けて時間をムダにしたくないな…
挑戦し続けて、結果がいつまでも出ないのはムリゲーすぎる(T_T)


tanuki

誰だって時間をムダにはしたくないので、私もこの考えが理解できます。
人生は有限なので、時には諦めることも大事だと思うのは当然です。


いつ、どうやって上手に諦めればよいのか?を解決してくれる方法があります。

それは「WOOP(ウープ)」と呼ばれる方法です。

WOOPとは、科学的に証明されている目標達成の手法になります。

WOOPを利用するメリットは、「WOOPを使うと、どの目標が達成可能で、どれが達成不可能なのか?」を判別できるからです。
WOOPに関してもっと知りたい場合には、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

 

まとめ:才能は誰にでもある【単に意識してないだけ】

まとめ:才能は誰にでもある【単に意識してないだけ】

最後に本記事のまとめです。

本記事のまとめ
  • 才能は誰にでもあり、意識していないだけ。
  • 能力は組み合わせることで武器になる。
  • 挑戦し続けることも大切だが、諦め時を見極めるのも大事。
今回は、本田真美先生の著書「誰にでも才能はある。問題はその「原石」をどう見つけて磨くかだ」をもとに解説しました。

今回ご紹介したとおり、本書にワークに沿っていくとあなたの隠れた才能を見つけだすことができます。

また、本記事で紹介したことに加え、他にも才能の活かし方について詳しく解説されています。

もしあなたが「自分の強み・才能がまだ分からない」「強み・才能をどう活かせばいいのか分からない」と悩んでいるのでれば、本書はオススメですので、ぜひご覧ください。

追伸

また、以下の記事では、強みや才能を見つける別のアプローチも解説していますので、もし興味があれば以下のリンクからどうぞ。

»【ストレングスファインダーの結果の活用法を解説】

»【科学的根拠のあるVIA強みテストを解説】