「与える人」ギバーと「奪う人」テイカー。成功はどちらに?

お金持ち、成功者の方々の特徴の一つに、

「誰かに与えることが好きなギバー(与える人)である」

というものがあります。


そんな成功者の方々は、

「人に良いことをしてあげれば、その分だけ、もしくはそれ以上に自分にも返ってくるんだよ」

なんてお話をされるかと思います。




このことを教えてくれるのが、
アダム・グラントの著書「GIVE&TAKE「与える人」こそ成功する時代」です。



今回は、

「なぜ成功者にはギバーが多いのか?」

について、ご紹介していきます。

ギバー、テイカー、マッチャーとは?

この先話を進めていくうえで、人は3種類に分けられる。

まずは、ギバー

「与える人」ギバーは、自分よりも他人を中心に考え、相手の利益や喜びに注目します。

「この人に何をしてあげれるだろうか」

と考える人です。

困っている人がいれば助けてあげたり、相手を喜ばせようと努力する人がこのギバーのタイプです。

実際、必要としている人に必要なものを与えることは素晴らしいことだと分かってはいるものの、
自分の損得を考えてしまい、中々行動に移せないというとが一般的ですよね。




次に、テイカー

「奪う人」テイカーは、他人よりも自分を中心に考え、常に自分の利益を優先します。

「この人から何を貰おうか」

と考える人です。

自分の利益を最優先に考えるので、

「どうやったら自分が損をしないで済むのか?」
「どうすれば自分が一番多く利益を貰えるのか?」

と、一方的に何かをもらおうとするのが、このテイカーです。

最後に、マッチャー

「バランスをとる人」マッチャーは、損得のバランスがとれている人。
公平性を重視するので、相手と自分の損得を公平に保とうとします。

「この人からはこれを貰ったから、その分これだけ返そう」

と考える人です。

日本では、何かをもらったらお返しをするという習慣があるので、
公平性を重んじるこのマッチャーの割合が多いかもしれませんね。




現実には、人は状況によりこの3つの顔を使い分けています。
家族や友人に対しては、ギバーとして行動し、仕事場ではテイカーやマッチャーとして振る舞う、などですね。

この3タイプで成功できるのはどれ?

実際、3タイプのどれであるかによって、成功の可能性が変わってくるといいます。

では、もっとも成功からほど遠いタイプは、
ギバー、テイカー、マッチャーのどれでしょうか?



アダム・グラントは様々な職業を対象に調査をして分かったこと、
それは、

「成功からほど遠い位置にいるのは、ほとんどがギバー」

だということでした。

エンジニア、医療、セールスなどの、どの職業を例にとっても、
ギバーはいつも損をしている。
それは、自分の成功を犠牲にしても、相手の利益を優先しているからなのでした。

では、もっとも成功を収めるのは、テイカーとマッチャーのどちらでしょうか?



実はそのどちらでもなく、
驚くべきことに、もっとも成功を収める位置にいるのもギバーだったのです。

ギバーはいつも損をする単なるお人好しなだけでなく、
最高の勝利者にもなれることが分かったのでした。

ギバーが成功するための条件

テイカーやマッチャーは、限られたパイを奪い合う、もしくはその中で分け合うという思考ですが、
ギバーは、そのパイを拡大して、みんなの取り分を増やそうということに重点を置きます。

なので、ギバーは、

「自分がどれだけ多く受け取れることができるのか?」

よりも、

「自分が所属しているグループ全体のパイをどれだけ大きくするか」

に関心があり、
自分自身も含め、みんなと利益を共有しようという意識が高いのですね。



ですが、上記のギバーとしてのあり方は理想的な状態であり、
ただ単にギバーとして過ごしていると、テイカーの餌食になってしまいます。

短期的に見ると、テイカーが最も高い成果を出します。
ですが、テイカーは常にカモであるギバーを探しているので、
周りからの信用を失い、最終的には成功から遠ざかることになります。



話をギバーに戻しますと、
餌食になるギバーに陥らず、成功できるギバーになるためには、
ギバーとしての生存戦略が必要になってくるのです。

自己犠牲のギバーから脱却

自己犠牲のギバーの場合、テイカーから餌食にされることが多いです。

自分がどれだけ尽くしたとしても、その見返りがないことによって、
努力が成果として反映されないということになります。

また、あまりにも自分を犠牲にして人に尽くすことにより、
燃え尽きてしまうギバーもいます。



成功できるギバーというのは、他者志向なのです。

与えることが好きなギバーと言えども、自分を犠牲にして与えていれば、
すぐに心身ともにボロボロになってしまうでしょう。

他者志向になるということは、

例え、受け取るより多くを与えても、決して自分の利益を見失うことなく
「いつ、どこで、どのように、誰に」与えるかを決めることができるようになる、

ということなのです。



他者への関心を持ちつつ、自己への関心も忘れない。
これを出来るようになれば、ギバーとして燃え尽きたりすることも少なくなり、
成功へ近づくことができます。

テイカーだと分かれば、すぐに距離を置くこと

テイカーの餌食にされる前に予防策として、まずはテイカーから距離を取ることです。

しかし、テイカーだと簡単に分かればいいのですが、実際には難しいですよね。

人当たりのいいテイカーは、表面ではいい顔をして近づき、
裏でひどい仕打ちをします。



私がオススメするのは、

「相手の行動を観察すること」

です。

誰でも言葉では嘘をつけるのですが、
行動とは長年その人に染み付いた習慣から出てくるものなので、
誤魔化したり、隠すことが難しいです。

例えば、どんな態度で他の人に接しているか?を観察してみましょう。
職場だけでなく、移動中や食事などの何気ない時の態度や行動が、
その人自身を物語っています。



そして、自分が感じた違和感を信じて判断することです。

自分が感じた違和感は大切にすることが、
身を守るための第一歩だと、私は思います。

相手の態度、話し方、笑顔など、
人によって違和感を感じるところはそれぞれだと思いますが、
相手と会ったり、話した時に感じた「何かひっかかるもの」があれば、
それはあなたの直感が、後に起こるトラブルを教えてくれている可能性があります。

マッチャーに守ってもらう

巧みに人を騙したり、他人を信用させたり、上手く人をコントロールできたりすると、
テイカーがギバーよりも優位に立てるような気がします。

ですが、テイカーが成功できない理由には、マッチャーの存在が関係します。


公平性を好むマッチャーは、不公平や理不尽な仕打ちを快く思いません。

なので、テイカーが公平性、平等、ギブ・アンド・テイクの関係を破ると、
そのネットワークにいるマッチャーは、「目には目を」の信念に沿って、
テイカーへ報復を行い、排除します。

つまり、テイカーの餌食になりそうなギバーは、
上手くマッチャーにも手伝ってもらうことにより、守ってもらうことができます。

そして、ギバーは与える先をテイカーではなく、マッチャーにすることによって、
ギバーはマッチャーに守ってもらえますし、マッチャーはギバーから与えてもらえるので、
WIN-WINの関係が出来上がります。

マッチャーとして自身を守る

先ほど紹介した戦略の「マッチャーに守ってもらう」ですが、
もし周りにマッチャーがいない場合、
ギバーであるその人自身が、テイカーと付き合う時にはマッチャーなる必要があります。

最初はギバーとして、テイカーとも付き合い、友好的に信頼関係を築いたほうがいいでしょう。
信頼は築くことこそ難しいですが、壊れるのは一瞬ですから。

それでも相手がテイカーとして振る舞ってきた場合、ギバーが取るべき行動は、

「寛容なしっぺ返し」

普通のしっぺ返しは、毎回相手に合わせて行動しますが、
この寛容なしっぺ返しは、

「良い行いは忘れず、悪い行いを時々大目に見る」

というものです。

例えば、3回に2回はテイカーと張り合うが、
3回に1回はテイカーに対し協力的な態度で応じるという感じです。

ギバーであっても、やられる度にテイカーにひどい仕打ちをしていれば、
現代の人間関係が丸見えの世界では、個人の悪い評判が広まることに繋がります。

なので、

「テイカーを相手にする時には、自分を守るためにマッチャーになり、
3回に1回くらいはテイカーに名誉挽回のチャンスを与える」

というスタンスでいることが「寛容なしっぺ返し」になります。

まとめ

今回は、ご紹介した3タイプの中で成功する可能性が最も高いのは、
ギバーということでしたが、最も成功から遠いタイプもギバーでしたね。



成功から遠いギバーがいるのは、

  • 自身を犠牲にしてしまっていたり、
  • テイカーの餌食になっていたり、
  • 自分の守り方が分かっていなかったり、

という理由からでした。


ギバーの性質自体は、周りに平和的な影響を与えてくれるので、
一緒に過ごすのであればギバーと過ごしたいと、誰もが考えると思います。

ギバーが燃え尽きてしまわないように、
また、ギバーが活躍できるようにするためには、

「人に頼ることが当たり前の環境」

を作ることが大切です。



助けを求めることは全然恥ずかしいことじゃない。
助け合うことが当たり前だという共通認識を持つこと。


誰かに助けを求めるのって、

「相手に迷惑をかけてしまうんじゃないか…」

とか考えてしまうので、中々難しかったりします。

ですが、自分も相手が困っている時には助けるし、
自分が困っている時には相手に助けを求めてもいいんですよね。

自己犠牲のギバーは、誰かから何かを与えられてはいけないと考えますが、
一方で、成功する他者志向のギバーは、自分が何かを受け取ってもいいと考えています。



相手がギバーであれば、助けを求められるのは、
そのギバーにとって嬉しいことなのです。

ギバーは、

「力を貸してほしい」

とお願いされることで力を発揮することができるので、
人の役に立つのが好きなギバーは喜んで手を貸してくれるでしょう。



なので、テイカーには関わらず、
お互いに助け合える環境を作って、ギバーが活躍できるようになれば、
みんなが幸せに過ごせますし、成功できるギバーがもっと増えるのだと思います。

与えて、与えて、与え続けた先に、回りまわって自分に返ってくるのですね。

たくさん持っている人が豊かなのではなく、たくさん与える人が豊かなのだ

エーリヒ・フロム(ドイツの社会心理学、精神分析、哲学の研究者)